ベンチャー転職

【20代未経験】ベンチャー転職して良かったことを話します【正解でした】

 

未経験でベンチャー企業へ転職って実際どうなの?良いところって何?

こんな疑問を解決します。

本記事の内容

・ベンチャー企業に転職して良かったこと

・とはいえいまいちな部分もある

・僕の周りの大手からベンチャーに転職した人のリアルな話

・後悔しないベンチャー企業の探し方

ネットで調べるとベンチャー企業に転職して後悔した記事が目立ちます。

僕も20代未経験でベンチャーに転職しましたが、ネットとは真逆で正直大正解でした。

僕の周りにもベンチャー転職した人は多いですが、
みんな生き生きしています。

この記事はベンチャー企業に転職して良かったことを紹介します。

スポンサーリンク

未経験でベンチャー企業に転職して良かったこと3つ

良かったことはいろいろありますが 、特に下記の3つです。

ビジネススキルが圧倒的速度で身についた

・専門的なスキルが身につく

・個人の成長をサポートする風土がある

ビジネススキルが圧倒的速度で身についた

ベンチャー企業に転職して半年で、前職の3年間の経験よりもビジネススキルが身についたと感じます。

前提として前職は、日系大手自動車メーカーでした。

前職では3年間働いていましたが、 その研修が10か月程度あり、 配属後も
すぐに即戦力にはならないので結構のろのろ成長していく環境でした。

ベンチャー企業に転職してからは、 研修というよりかは
一度引き継いだものを実際にやって、身体で覚えるというような形でした。

 

 

専門的なスキルが身に付く

現在僕は Web マーケティングの仕事をしており、

主にリスティング広告運用を担当しております。

リスティング広告の運用についてはすべて任されているので、
すぐに実践に使えるスキルが身につきます。

もう少し正確に言うと、スキルが身に付く環境に身を置けています。

前職の場合は、社内調整の仕事が多く、専門スキルを身につけている感は皆無でした。

大きい企業に行けば行く程調整仕事が多いのではないでしょうか。

調整業務いや社内政治が嫌いな人はお勧めです。

 

 

個人の成長をサポートする風土がある

転職した今個人の成長サポートがかなり充実しています。

おすすめの本や考え方などを、逐一紹介してもらえます。

また経営陣との距離が近いので、 経営的な考え方も勉強になります。

前職の場合は、そもそも経営人とは関わる機会はなく、
直属の上長とも密に話すことは少なかったです。

一点補足でして、僕は成長をサポートする環境があることを選びましたが、
すべてのベンチャー企業がサポートが多いわけではないと思います。

ベンチャー企業は、数が多く、会社によって考え方も大きく異なりますので、
自分に合った会社を見極めて選ぶことが大切です。

 

未経験ベンチャー企業に転職しいまいちなところもあります

とはいえいまいちなところもあります。

基本的に良かった>後悔なのですが、
それでもいまいちなところあります。

特にベンチャーに転職していまいちだったところを2つご紹介します。

 

 

完全に成果主義

良くも悪くも完全に成果主義なので、
自分が仕事ができなかったら一生給料も変わらないですし、
役職も上がりません。

その割に仕事は膨大なので、
自分にこの道がないと思った人はすぐ辞める人がいるのも事実です。

 

人間関係に偏りがある

これはどんな企業でもそうなのでしょうが、
うちの場合は結構濃く感じます。

うちの会社はベンチャーに珍しく、 新卒第一主義なので、
新卒入社と中途入社では少し扱いが違うように思えます。

若手の新卒中心にして会社が回っているような形です。

基本的にみんないい人なのでそんなに気にしてないです笑

 

僕の周りの大手からベンチャーに転職した人の話

僕の周りにも大企業からベンチャー企業に転職する人は多いです。

僕は今27歳ですが、 大卒で入社した企業に残っている人も、
転職については真剣に考えている傾向が多いようです。

中でも既に転職してベンチャー企業に入っているAさんとBさん2人の話を紹介します。

 

A君男性/20代後半

と同じ大手自動車メーカーの新卒同期だった A 君
僕より一足先にベンチャー企業に転職しました。

新卒同期500人の中でも A 君は、発言力がある目立っている存在でした。

うちの会社では物足りないんだろうなぁと、思っていた矢先に転職しました。笑

A 君は自分でどうにでもできると思っているタイプで実際スキルもあります。
ベンチャーに転職した後も、想像以上の裁量に困惑しながらも、
自分で仕事を作れるのは楽しいと仕事を楽しんでました。

Bさん男性/30代前半

B さんはベンチャーに転職して圧倒的に成功を収めた人です。
入社3年目にして年収は3倍の1500万円を超えたとのことです。
今では会社のし執行役員で年収3千万とかのようです。

Bさんは入社後すぐに新規サービスの責任者としてサービスを拡大していきました。
そのサービスは今では誰もが知っているものになっていますか、
その成果が認められ多額の年収や、ヘッドハンティングなど、

まさに絵の書いた成功をされている人です。

また B さんは人脈広げも好きな方で、
僕に対してもよく飲み会誘ってくれます。

B さんを見てると、 正直こんな普通の人が年収3千万もらってるんだ、、
と少し思ってしまうほどです。

それぐらい気さくで愛されている方ですね。

スポンサーリンク

ベンチャー企業に向いている人の特徴

ちなみにベンチャー企業に向いてる人は下記です 。

仕事にやりがいを持ちたい人
責任感を持って新しいことがしたい人
やりたい仕事が明確な人

これらの人には特におすすめです。

自分の適性を知りたい方は下記がおすすめです。

⇛⇛面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

失敗しない転職:転職エージェントに相談がおすすめ

コロナの影響で転職市場は厳しくなってきております。

今まで売り手市場だった転職市場も一気に形勢逆転になる可能性もあります。

企業は広告宣伝費率を下げにかかるので転職サイトには
公開されていない求人が増えることが予想されます。

そんな場合は転職エージェントがおすすめです。

非公開求人もたくさん持っているのであなたに合った企業を紹介してくれます。

 

おすすめのベンチャー転職のエージェント

おすすめのエージェントはたくさんありますが、

特にITベンチャーへの転職におすすめの3つをご紹介します。

下記記事では僕が使用したおすすめ転職エージェント紹介しているので、
あわせてご覧ください。

⇛⇛【20代向け】実際に役立ったおすすめ転職エージェント5選

 

というわけで今回は以上になります。

 

人気記事 ベンチャー転職して3年で年収3倍!【大成功した知人の話】

人気記事 ベンチャー企業への転職失敗事例7選と対策【自己分析と情報収集がポイント】

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-ベンチャー転職
-,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.