ベンチャー転職

ベンチャー企業への転職はリスクの把握と下調べが必須【絶対読んでほしい】

 

こんな方におすすめ

  • ベンチャーへの転職に興味がある
  • 今の会社にやりがいが感じられない

 

ベンチャー企業へ転職したいけどリスクは何だろう。

こんな悩みにお答えします。

 

僕自身、 大企業からベンチャーに転職しどちらの内容も知っております。

今回は、ベンチャーに転職する際のリスクや注意点について解説していきます。

結論から言うと、ベンチャー企業に簡単に転職してはいけません!

ベンチャー企業に転職する際は、事前の調査が超重要です。

 

ベンチャー企業に転職するリスク

一言で言うと
入社前後のギャップが大きい
という点です。

もう少し掘り下げると下記のようなポイントがあります。

・ベンチャー企業は成長できてキラキラできると思い込みがち
・ベンチャー企業は企業個別の情報が少ない
・ベンチャー企業に転職する人は自分に能力があると思い込みがち

それぞれ順番に解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

ベンチャー企業は成長できてキラキラできると思い込みがち

ベンチャー企業で働ければ大きな裁量を与えられ自己成長、自己実現ができると思っている人が大半だと思います。

捉え方によっては確かにそうですが、ベンチャー企業ならではの大変さがあります。

・雑用などもある程度こなさないといけない
・常に成果を求められる
・いわゆるベテランが少ない

 

雑用などもある程度こなさないといけない

ベンチャー企業は人数が少ない傾向があります。
そうすると自分の担当以外の領域についても実際に手を動かす必要が出てきます。

雑用の仕事が担当の仕事の領分を圧迫することも多々です。
専門性を高めたいと思う人は、この時間無駄だなと思うこともあるかと思います。

 

常に成果を求められる

働いていたらやる気があるときとないときと出てくると思いますが、
ベンチャー企業で働くと常に成果を求められます。
当たり前ですが大企業よりも、経営陣と距離が近いので、結構詰められます。

仕事モードじゃない時はこれが結構辛い時もあります。

 

いわゆるベテランが少ない

ベンチャー企業はスピード感はありますが、若い人が多くベテランが少ないです。
自分が成長できる環境はあるかを検討する際に、
仕事ができる人が多いかというところは観点に入れるべきです。

大企業は社歴が長くいわいるベテランからノウハウを吸収することが、
比較的容易かと思います。

 

ベンチャー企業は企業個別の情報が少ない

 

ベンチャー企業と一口に言っても、その業態や体質は多岐にわたり、
企業ごとに異なります。

前提として、上場企業の割合は日本全体の企業数381万に対しておよそ0.1%です。

大企業のように、情報は簡単には手に入らないので、
自分で情報を取りに行く必要があります。

またベンチャー企業の文化は社長の思考に依存することが多いので
働く環境 や風土はしっかりリサーチする必要があります。

 

ベンチャー企業に転職する人は自分に能力があると思い込みがち

自分には高い能力がありベンチャー企業でもすぐに昇進できる、と思っているみなさん。
正直ベンチャー企業で働く上では、ベンチャー企業に在籍している人の方が仕事は出来ると思います。

理由としては、大企業とベンチャー企業の仕事ができるの定義が違うからです。

大企業は関係者との調整をしつつもプロジェクトを進めていく力が最重要だと感じます。

ベンチャー企業では、施策の実行力、立案力、スピードなどが問われます。

もちろん重なる部分もありますが、
大企業とは文化も違うため大切にするポイントが異なり、
すぐに昇進するというのは本当に出来る人か結構な努力が必要です。

自分には能力があると思うのは前向きで良いことですが、
入社後想定のフォーマンスが発揮できなかった時のことも、
考慮しておくべきでしょう。

 

ベンチャー転職を成功させるための対策

次に対策について述べていきたいと思います。

対策は下記です。


・転職後、これだけはやりたいと言う目的を明確にする
・ベンチャー企業を経て自分のキャリアとして次にどうしたいかを明確にする
・転職サイトや転職エージェントを使って市場を徹底調査

転職後、これだけはやりたいと言う目的を明確にする

ベンチャーに入社する際は、その企業に入社する目的を明確にして失わないようにすべきです。
ベンチャー企業は大企業のように福利厚生がしっかりしていないケースも多いです。
長時間労働が強いられる可能性もあります。

そんな時に入社した目的を明確にしておくと、
発生する不満があっても頑張ることができます。

逆に中途半端な目的意識でベンチャー入社すると、
前職とのギャップに不満を感じる部分があるかもしれません。

 

ベンチャー企業を経て自分のキャリアとして次にどうしたいかを明確にする

目的を明確するとも重なりますが、ベンチャー企業に転職する際は、
その企業を退職後に自分がどのようになっていたいか、どんな仕事をしていたいか、
を明確にしているとさらに良いです。

例えばですが、「スキルをつけてフリーランスになりたい」という人と
「自分で事業を立ち上げたい」という人では、選ぶスキルと企業が変わってきます。

いつまでにどうなっていて、次のキャリアはどうするかを具体的に決めましょう

ちなみに僕の場合は以下のように考えました。

30歳(4年後)までに Web マーケティングを専門とするグループマネージャーになり、
その後年収がアップする形で転職する( P & G のようなマーケティングの会社orベンチャー企業の CMOになる

 

転職サイトや転職エージェントを使って市場を徹底調査

ベンチャー企業の良い悪いは転職サイトや転職エージェントを利用するのが近道です.

上述したとおりベンチャー企業は多岐にわたり実態を知りです.
そんな時は転職サイト転職エージェントを使い情報収集しましょう.

ベンチャー転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

・ワークポート
・リクルートエージェント
・duda

詳細を知りたい方は下記の記事も参考になるのでご覧ください.

⇛⇛【20代向け】実際に役立ったおすすめ転職エージェント5選

 

ベンチャー企業の転職は市場調査が超重要

これまでベンチャー企業に転職するリスクとその対策について、
解説してきました。

ベンチャー企業は小回りが効き経営の近くで働けて魅力も多いですが、
その分企業によって色が異なり、内情を把握しにくいです。
しっかりした準備を行いましょう。

というわけで今回は以上になります。
ベンチャー企業のリスクを分かった上で決断してください。

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-ベンチャー転職
-,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.