断食

【16時間断食ダイエット 】デメリットは?対策も合わせて解説

 

16時間断食ダイエットが痩せると噂だけどデメリットはないの?

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事の内容

  • 16時間断食のダイエットのデメリット5つ
  • メリットもたくさんある
  • デメリットを知った上で始めて見ることが先決

 

16時間断食ダイエットに興味はあるけど、断食なんてデメリットだらけなんじゃ、、、と不安の方も多いと思います。

僕は、2年間16時間断食をしていますが、基本的には安全に取り組めます。

とはいえ知っておくべきデメリットも存在します。

本記事では僕の経験に基づき16時間断食のデメリットについて解説したいと思います。

 

本記事で不安を取り除き16時間断食に挑戦してもらえれば嬉しいです!

 

本記事の権威性

本記事は奇跡が起こる半日断食という半日断食の名著を参考にしています。
医学的にも根拠のある健康法です。

 

1日2食ってふとるんじゃないの?と思っている方はこちら↓

 

半日断食で痩せられる理由が知りたい方はついてはこちら↓

 

スポンサーリンク

16時間断食にはどんなデメリットがあるの?

16時間断食は朝ごはんを抜くだけの簡単なダイエットですが、抑えるべきデメリットはあります。

 

デメリットを知ることで断食の効果も高めることができます。

 

デメリットは下記の通りです。

  • 断食以外の間何を食べてもいいわけではない
  • 体重と一緒に筋肉も落ちてしまう
  • 空腹に耐えられずにしてしまう
  • 成長期の人は成長に影響を思す場合がある
  • 断食によって栄養が偏る場合がある

 

順番に解説していきます。

 

断食以外の間何を食べてもいいわけではない

16時間断食は食べる回数は必然的に減り、摂取カロリーも減ることが特徴です。
とはいえ食べていい8時間の間に暴飲暴食してしまっては、断食したとはいえ選手カロリーオーバーで普通に太ってしまいます。

痩せたい人は断食してるかと言って油断しないようにしましょう。

 

正式な16時間断食方法では玄米菜食を基本とする食事が推奨されています

 

 とはいえ、何も考えずに食べても十分に効果がある

とはいえ食べるものを我慢するのは結構きついと思います。
出来れば他のもの我慢したくない人が大半だと思います。

そんな方は無理して食べ物を我慢しなくてOKです。

食べる回数が少なくなったからといって、一回の食事に感じる満足度は大きく変わるものではありません。

意識しなくても食べ過ぎるということはまず難しいです。

 

僕は食べ物に対して我慢することはできず、2年間の間食べるものには気を使わず16時間断食を続けてきました。
それでも十分に痩せることは出来ますし、体重も痩せたままキープできています。

 

始めたては体重と一緒に筋肉も落ちてしまう

始めて3ヶ月は体重と一緒に筋肉も多少落ちてしまいます。
しかし、大きな心配は無用です。

3ヶ月以上経ったところから筋肉量は減らなくなります。
これは適正体重に戻ったことによる効果のようです。

このことは、奇跡が起こる半日断食にも下記のように書かれています。

 

半日断食をすると体脂肪も減るが筋肉も減ってしまうのではないか、と思っている人が少なくありません。 また、痩せすぎてしまうのではないかと心配する人がいますが、結論から言うと、こうした心配は無用です。半日断食を始めて3ヶ月は筋肉も多少減った状態が続きます。しかし、それ以降は逆に増えて、元に戻ってくるのです。そこが断食の神秘的なところです。そして3ヶ月で5キロ程度体重が減ります。しかも、ある程度まで減ったら、後は全く減りません。これは適正体重に落ち着いたことを表しています。一方痩せすぎの人が半日断食を続けていると、逆に理想的なところまで体重が増えてくるのです。

 

多くの方は心配しなくて良いということですね。

スポーツをやっている、直近に大会が控えている等といった方は注意しましょう。

 

空腹に耐えられずに食べてしまう

人によってはまたご飯を抜いたことも空腹に耐えられずに続かない人もいます。
これに関しては、僕の経験からして1週間耐えればその後は比較的楽に続けることができます。

今まで朝ごはんもずっと食べてきた人も1週間で慣れます。

最初は厳しく感じられるかもしれませんが、続けるうちにむしろ快適になってきます。

この事を年とに置いて、「まず1週間」続けてみてください。

どうしても欲望を制御できない人は「20秒ルール」という方法があるのでで良かったらチェックしてください。

 

合わせて読みたい
ジャンクフードは頭が腐る!悪い習慣を無効化する20秒ルールとは?

続きを見る

 

成長期の人は成長に影響を及ぼす場合がある

成長期の人は十分な栄養が取れないことが成長の弊害になることもあるので要注意です。

とはいえ、朝ごはん抜くぐらいなら少しぐらいは実践してみてもいいと思います。

言ってしまえばよくある糖質制限ダイエットなども成長に影響があると思います。
糖質制限ダイエットがOKなら半日断食くらい余裕かなあと思います。

十分な栄養を摂れていれば問題ないので、食事に気を使うなどすれば成長期でもやってもいいのかなと思います。

 

もちろん無理は禁物です。自分に合わないと思ったらすぐに方向を変えてください

 

断食によって栄養が偏る場合がある

少ない食事の中で栄養摂取するので、栄養が偏ってしまうことがあります。

出来る限りバランスの良い食事を心がけてください。

体は食べるもので作られるので栄養には十分に気をつけましょう。

 

少ない食事の中で手っ取り早く栄養補給する方法はないの?

 

断食中の栄養素の補給には 青汁を組み合わせで飲むことが推奨されています。

効果をより高めたい方は下記のような青汁の併用がおすすめです。

特に花粉症やアトピー、アレルギー体質の方は青汁と組み合わせて飲むことで、症状の改善が期待できるようです。 

 

16時間ダイエット中の栄養補助におすすめな青汁はこちら↓

 

 

メリットもたくさんある

メリットもおさらいしておきます。

 

代表的なメリットは下記です。

  • 運動なしで痩せられる
  • 朝ごはんを抜くだけなので続けやすい
  • リバウンドしづらい
  • 腸内環境を改善し健康的になる
  • あらゆる病気が治る可能性がある
  • 1週間でも効果が見える

 

さすがは金スマで「番組史上、最も楽して痩せる食事術」と賞賛されただけはあります。

また、健康にも良く、アトピー、アレルギーや、がんまで治ってしまうのだとか、、

これだけ聞いたらやらない手はないですね。

その他のメリットも気になる方はこちら↓

 

おすすめ記事
【ダイエットだけじゃない!】がんも治る半日断食の健康への効果とは?

続きを見る

 

おすすめ記事
半日断食が健康的に痩せられる理由とは?【間違いばかりの現代医学】

続きを見る

 

 

結論:デメリットを知った上でまずは始めて見ることが先決

本記事ではデメリットを紹介してきましたが、まず一週間でも良いのでやってみてください

それで体に合わなければやめれば良いです。

しかし、 16時間断食のデメリットはほとんど気にならないようなレベルであることが分かったと思います。

もしデメリットが気になった方も事前に知っておけばそれに対する対策もうてます。

一度自分でやってみて自分に合わないところを改善してみるという方法がおすすめです。

 

 ポイントは一気に完璧にやらないこと

一つポイントを言うとするならば、マニュアル通りの16時間断食を実施しないことです。

まずは、16時間断食を続けることだけを毎日続けてみてください。

 

玄米菜食中心の生活や糖質制限などは挫折するリスクが高いです。

 

栄養だけは気になるのであれば、サプリや青汁なので補助してあげてください。

僕から最後に一言。

ぜひ半日断食を実践してみてください!!

本当に楽に痩せれますし、人生変わりますよ!!

 

というわけで今回は以上です。

 

参考図書はこちら↓

 

今回紹介した青汁はこちら↓

 

 

人気記事 【ダイエットだけじゃない!】がんも治る半日断食の健康への効果とは?

人気記事 【大手企業からベンチャーに転職】転職して分かった決定的違い7選【覚悟が必要】

人気記事 2年間続けている半日断食を始めた理由とは?【わがままが叶う健康的ダイエット】

 

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-断食
-, , ,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.