早起き

早起きは効果あり?100日以上5時起きして分かった早起きのメリット

早起きできないマン
「やりたいことはあるんやけど時間がない。。夜は飲み会とかで時間潰れるし。
朝に時間作れたら最高やなあ。でも早起きって、、無理、、、
早起きの効果を教えて頂けると、モチベーションあがるねんけどな、、、

 

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

100日間早起きして分かった早起きのメリット、デメリット
・早起きのモチベーションを維持するために必要なこと
・具体的な早起きの方法

僕は100日以上早起きを継続しています。もはや休日でも朝早くに目が覚めます。
でももともとはストリートダンスの練習が深夜に続くこともあり、朝全然起きれない人でした。
しかし、僕は将来やりたいことがあってそのためには時間が必要だと考えました。
朝早く起きて自分の時間をつくることを決心し、現在早起きを手に入れ大変充実した生活を送っています。

もともとは早起きマンではなかった僕ですが、メリットありすぎてやめられません!

そんな僕がメリットデメリットについて改めて考えて見みました。

早起きのめリットデメリットとは

 

早起きを実践してきた僕が思うメリット・デメリットを紹介していきます。

・一日が長くなる
・集中力がバカ上がりし午前中に仕事が終わる
・生活習慣が正しくなる
・早起き以外の習慣も一緒に身につけられる
・満員電車を回避できる
・幸せになる

たくさんありますが、ひとつひとつ愛を込めて解説していきます。一日が長くなる

物理的には長くなるなんてありえないのですが、自分に使える時間は確実に長くなります。
朝5時に起きたら人よりも3時間近く早くおきることになります。
(場合によりますが)
その3時間は誰にも邪魔されない時間になります。
夜だと飲み会とか突発の用事とかでなかなか時間とれないこともありますもんね

・集中力がバカ上がりし午前中に仕事が終わる

朝の集中力は段違いです。
集中力に関しては科学的にも証明されていることで有名です。
朝は意志力がMAXの状態で、夜になるにつれて徐々になくなっていくのだとか。
確かに夜はなんか集中できません。
僕の場合5時起きになってからは16時くらいからもう生産性ゼロに等しいですね(笑)

生活習慣が正しくなる

早起きの習慣には生活習慣を正しくすることが必須だと考えます。
夜遅く起きてるのに早起きしたいは無理ですからね。
小野豆と生活習慣が良くなります。
また、夜にはかなり疲れていて、10時にはもう寝たい、、って身体が勝手にそうなっています。
不要な夜更かしなどがなくなるので小野豆と生活習慣は改善されます。

 

早起き以外の習慣も一緒に身につけられる

僕が一番嬉しいと思っているメリットです。
習慣を身につけるためにはその行動をするところまでがなかなか大変です。
意志力MAXの状態&自分の時間の確保
ができる朝の時間は何かの習慣を身につけることに適しています。
実際僕も朝のDNBというトレーニングや苦手な発信活動を習慣づけてきました。
次はブログの執筆も朝の習慣にしちゃおうと考えています。

 

満員電車を回避できる

満員電車ってつらいですよね。生気を吸い取られると言いますか。。。
僕は始発の電車で会社に出社していますが朝の電車は座れるのでかなり楽です。
満員電車特有のサラリーマンが会社に行く光景もあまりいないですみます。
電車の遅延もほとんどありません。
これだけで十分すぎるメリットです。

 

幸せになる

朝から活動すると幸せになれる気がします。
僕の好きな言葉に
夜の幸せは寝たら終わるけど、朝の幸せはずっと続く
があります。

本当にその通りだと朝活を初めて分かりました。
デートも朝デートしてみてはいかがでしょう。
相手のことをずっと思いながら一日幸せな気持ちで過ごすことができますよ!

 

 

早起きのデメリット

メリットがあればデメリットっぽいものもあるので一応考えました。

・周りの人と時間の感覚があわなくなる
・夜遅くまでおきるのが辛くなる
・お店が始まるのが10時くらい、どこも空いていない

周りの人と時間の感覚があわなくなる

やっぱり5時おきとかしている人は周りに多くはありません。
夜中まで起きている人達との予定の組み方などが合わないときもあります。
まあ、でもそこは思いやり合うことが重要かなあと思います。
生活スタイルが周りの人と完全に合うことはないですしね!

 

夜遅くまでおきるのが辛くなる

16時位になったらへばってきます。
朝に人の何倍も集中しているため、夜は使い物にならなくなっています。(笑)
10時くらいなると眠くなるので積極的に飲み会もいれなくなったかもです。
2次会はいかない選択をするようになりました。

 

お店が始まるのが10時くらい、どこも空いていない

これは何時におきるかにもよりますが、朝はお店空いてないこと多いです。
まあこれは人によりますね。(笑)
別に朝家で過ごせばいいだけですね。

 

個人的にはデメリットはあまり気にしないで良いレベルかと思います。
どうしても夜の付き合いは断れない場合は、睡眠時間を削ることは無理なので諦めてしっかり寝る方がいいです。
早起きの習慣もつきづらいでしょう。

 

早起きのモチベーション維持の方法

早起きのモチベーション維持は結構大事です。

自分的には結論出ていて、早起きをして何をしたいかを腹落ちさせることが一番大切かと思います。

ちなみに僕の場合はこんな感じです。

30歳までに自分のスキルを高めきって余裕をもった30台を過ごしたい!!そのためには今、自分に時間を使わなければならない。朝はやく起きて時間を造らないとまとまった時間を作れない。ここで習慣を切らしたら、今までの継続できない自分のままや。自分を変えるためには早起きはまずマストで必要!!

割と早起きに関して熱い想いをもっています。割とはずかしい(笑)

でも早起きの理由なんてなんでもいいと思います。

「家庭を持っていて、朝しか自分の時間がつくれない」とか
「受験勉強のために朝はやく起きる習慣を作って、本番のテストに備える」とか
「あの子に振り向いてほしいから朝はやくおきて5km走る」
なんかもいいかもしれません。

自分の早起きする理由については腹落ちさせておきましょう。

早起きの具体的な方法

ここでは簡単にポイントだけせつめいします。

早起きにもっとも大事なのは無理をしない
ことだと思っています。

たまに睡眠時間を削って朝活するという人がいますが、短期的には気合でかのうかもしれませんが、長期的に見ると習慣化は不可能です。
最初は朝早くおきるというきっかけづくりは大切かもしれません。
寝る時間からケアしていってください。

早起きの方法については次の記事で詳しく書いています。
早起きを習慣化する方法は?コツは頑張らないこと【手順付き】

こちらの記事では早起きの方法にて実践してきたものを詰め込みました。興味のあるものから実践してくらたらなあと。
早起きの方法35選!実践した感想と最も効果的な方法とは【完全網羅】

まとめ

記事のポイントをまとめます。

・早起きは効果的!メリット・デメリットを知って取り組もう
・早起きのモチベーション維持には自分が早起きして何をしたいか考えることは大切
・早起きに無理は禁物

僕が早起きを実践して感じたことに基づいて書きましたが、
早起きはまじで人生変わります。

僕も早起きで習慣が変わり、転職活動も成功しました。
成功者達も決まって早起きです。

早起きが身体に合うひとにとってはとても有効なので是非楽しんでみてください。

それではみなさん素敵な早起きライフを!!

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-早起き

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.