転職の悩み

コロナ自粛中なのに転職活動どうすれば?注意点を解説【転職エージェント直伝】

コロナ自粛中なのに転職活動どうすれば?

 

こういった疑問にお答えします。

 

 本記事の流れ

  • 現在の求人の状況はどうか
  • コロナの転職でこれだけは気をつけるポイント
  • 転職希望者は具体的にどう動けばいいのか

 

コロナの影響で外出自粛が続く中、転職できるのかと不安になりますよね。

実際に転職エージェントに色々聞いてみたので、その情報をもとに、
この状況でどういう風に転職活動を進めるべきかをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 

現在の求人の状況はどうか

結論求人数が減っており今までの売り手市場から買い手市場に変わっています。

コロナが始まる前まで売り手市場だった転職市場は完全に解決しようになっています。

求人の多くは閉鎖していたり友人が開いていたとしてもそれぞれの企業都合で接客採用しないという方針が立たれている可能性もあります。

つまり、ウィズコロナの転職活動は今まで以上に難しくなっているようです。

 

 いつまで買い手市場は続くのか

実際に転職エージェントから話を聞いたところ、向こう2年ぐらいは回復はしないだろうということでした。

リーマンショックの時も2,3年は転職市場は回復しなかったそうです。

 

 全ての企業で求人が落ち込んでいるのか

全ての企業で求人が落ち込んでいるのかと言うとそうでもありません。

物を持たないIT企業や自粛要請で逆に売り上げが上がっている企業もあるので。
そういう企業は 求人数はそこまで減っていない傾向にあるようです。

具体的にどの企業が求人をいっぱい出しているかどうかは、その企業のサービスによるので一概には言えません。

とはいえ、自粛要請が続いている中では 直接会っての面談が困難なためすぐに採用というのは難しいでしょう。

 

ウィズコロナで気をつけるポイント

コロナの影響で求人数は減っているといいますが完全にゼロになっているわけではありません。

また僕たちとしてもコロナが落ち着くまで転職しないぞ!などと待ってられないと思います。。

この状況で転職するには採用する側の思惑を知っておく必要があるでしょう。

転職エージェントに聞いた最低限のポイントを抑えましょう。

 

 コロナ転職知っておくべきポイント

  • 企業の期の始まりに採用計画を立てていること
  • 求人は出ていても状況により採用を積極的に行っていない場合があること
  • 採用強度が時期により変動すること

 

企業の期の始まりに採用計画を立てていること

一般的な企業は期の始まりに採用計画を立てています。

四半期に1回採用計画を見直ししているところもあるでしょう。

企業によって期の始まりは異なるので、そこは個別に聞いて行くしかありません。

 

一般的には日経だと4月または12月、外資だと9月の企業が多いようです

 

採用計画に求人数や求人の種類は大きく変わってくるので、ベストの定植時期を見極める上でしっかりリサーチしていく必要があります。

とはいえ、素人の僕たちにはわかるはずもない指標です。

この手の話は、転職エージェントにしっかり話を聞いて情報収集するのが得策です。

合わせて読みたい
【20代向け】実際に役立ったおすすめ転職エージェント5選

続きを見る

求人は出ていても状況により採用を積極的に行っていない場合があること

求人情報で採用20名と書かれていても実際に20名いい人がいれば採用するかというとそれは分かりません。

転職サイトや転職エージェントに掲載する企業情報はコロナが流行る前の情報の可能性もあります。

丁寧な企業であればコロナのタイミングで掲載情報の見直しをしているかもしれませんが、できていない可能性もあります。

またこの状況ですので、社内でも採用計画の見直しなど日単位で検討していると思われるので、その企業の状況によって採用人数を調整していると考えられます。

 

採用強度が時期により変動すること

どの企業もまさに緊急自体の対応に追われているさなかです。

いつ収束するかがわからない中で、今後の転職市場の明確な予想は立てられません

僕たちは自分たちでコロナの状況を見つつ転職活動進めていかなければいけません。

 

 

転職希望者は具体的にどう動けばいいのか

結論、転職活動を進めるしかありません。

時は待ってくれません。

もし今の会社にいては未来は明るくないことが分かっているのであれば、なおさら準備して転職活動を進めるべきです。

未来がないとわかっている会社に居続ける理由はありません。

 

具体例にどうするか

あくまで個人的見解ですが、下記を実施するのはいかがでしょうか

 

  • 転職エージェントを利用する
  • 自己分析に時間をかける
  • コロナでも売り上げが落ちていないIT企業を視野に入れてみる

 

順番に見ていきます。

転職エージェントを利用する

個人的には、コロナでなくてもおすすめなのですが、この時期はより情報が必要になってくると思います。

転職エージェント側も、成果をあげるのに必死だと思いますので、コロナによる転職活動の状況を はしっかりリサーチしているはずです。

転職活動に自信がある人でも情勢の把握という意味でも利用しない手はないと思います。

 

 1つは登録しておきたい転職エージェント

下記は大手の転職エージェントです。

情報収集のためにも1つは登録しておきましょう。

 

 

自己分析に時間をかける

緊急事態宣言による外出自粛により、個人の時間が増えていると思います。

緊急事態宣言解除後も自粛のトレンドは大きく変わらないことが予想されます。

この時間を使ってしっかり自分を見つめ直してみるのはいかがでしょうか。

 

僕の時の転職活動はトントンと話が進み、自分をしっかり見つめ直す時間は十分取れませんでした。

 

合わせて読みたい
未経験転職で失敗しない方法を5つの手順で徹底解説【テクではなく本質です】

続きを見る

 

コロナでも売り上げが落ちていない企業を視野に入れる

この状況でも売り上げを伸ばしている会社は今後も期待できます。

コロナの影響により、時代のトレンドはオンラインや動画等急激に変わっています。

この状況でも売り上げを伸ばせている企業は、今後数年間でもおそらく安泰でしょうし、世の中の流れを先取りできている時点で、期待が持てます。

また、テレワークやベーパレス等積極的に取り入れていることが多いので、自由な働き方も期待できます。

さらに、今でも売り上げを落としていない企業は求人数が減っていないことも予想されるでしょう。

このような理由から、コロナでも売り上げを伸ばせているIT企業を転職先の候補に入れるのは非常に良いと思います。

 

結論:コロナ下の転職活動は求人数は減っているのでしっかり準備して挑もう

いままで売り手市場が急激に買い手市場になって混乱している状況かもしれないですが、
落ち着いて準備して転職活動をするのが良いかも思います。

企業にとって良い人材は好景気でも不景気でも関係なく欲しいものです。

準備はしっかり進める一方で、情報収集は抜かりなく進めていくのが良さそうです。

 

というわけで今回は以上です。

 

参考 【20代向け】実際に役立ったおすすめ転職エージェント5選

参考 【大手企業からベンチャーに転職】転職して分かった決定的違い7選【覚悟が必要】

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-転職の悩み
-, , ,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.