書評

【嫌われる勇気】<要約・まとめ>「今、ここ」を踊るように生きられているか


この本を読むのに向いている人

  • 悲観的になりやすい人
  • 人間関係に疲れている人
  • 目標を見失っている人

この本の趣旨

自分の意志で自由を選択し、「今、ここ」を精一杯に生きる というアドラー心理学を解説されている

本の要点まとめ

    • 不幸な人は自分自身で「不幸」を選んでいる
      →過去に原因を追求するのではなく勇気を持って今「幸せ」を選ぶ
    • 全ての悩みは対人関係の悩み
      →他者と自分の課題は分離する(他者の行動は自分では変えられない、自分の行動は自分でし変えられない)
    • 他者の課題を切り捨てる
      →他者を褒めない、介入しない。代わりに「勇気づけ」をする。
    • 対人関係のゴールは「共同体感覚」
      →共同体としての所属感を得るために積極的に他者貢献をする
    • 「今、ここ」を踊るように生きる
      →過去、未来に捕らわれず「今、この一瞬」を精一杯生きる
    • 他者の人生ではなく自分の人生を生きる「勇気」を持つ

 

所感

人生の節目で何度も読んでいきたい本。読むタイミングで一番心に入ってくる内容が違う。

「他者と自分の課題の分離」は意識することで、非常に心が楽になる。
嫌な上司、使えない上司、遅刻する友達、全て自分がいらいらする話ではない。
彼らに期待は全くしてはいけない。イライラしてはいけない。彼らのことは自分では変えられない。

読むのは2回目だが、自分は「今、ここ」を踊るように生きられているか考えさせられた。
「今、ここ」を真剣に丁寧に生きる。
このブログも一つ一つ丁寧に「今、ここ」を真剣に取り組み、読者の課題を解決できるコンテンツにしていきます。

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-書評
-,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.