ベンチャー転職

転職するならどこがいい?【今ならIT業界一択です】

転職したいけどどの業界がいいかわからない。おすすめを知りたい

こんな悩みにお答えします。

 

 本記事の流れ

・転職するならIT業界が良い理由
・IT業界のおすすめ業種
・未経験IT業界に転職する具体的な方法

転職したい人でも、 どの業界が良いか決めかねている人は多いです。

 

僕も同じように、 転職活動中は半年間ぐらい悩んでおり、
モヤモヤして眠れませんでした。

そんな経験から、今回は皆さんの問いに対する答えをバシッと回答します。

結論から言うと、今 転職するならIT業界一択です。

本記事では、上記の理由と、IT業界の具体的な職種について解説します。

 

IT業界に転職した経験を踏まえて解説していきます。
3分ほどお付き合いください。

 

スポンサーリンク

転転するならどこがいい?【今ならIT業界一択です】

結論を繰り返すと転職するなら今ならIT業界一択です。

理由は下記の通り。

・世界経済のトレンドについていける
・仕事の再現性が高い
・新型コロナウイルスの影響でリモート必須化

一つ一つ説明していきます。

 

 

世界経済のトレンドについていける

今の時代は完全に ITの時代です。

Windows 95が出てからというもの、瞬く間にIT技術の発達が見られます。

今では当たり前のようになっているスマートフォンも10年前にはありませんでした。

言うなれば今まさに産業革命ならぬIT革命が起こっています

このトレンドに乗っからなければ、時代に乗り遅れます。

 

 

例として明治維新をあげます。

明治維新は 侍が統治していた江戸幕府を倒幕し日本の近代化が始まった出来事です。

西欧諸国では既に近代化がかなり進んでいましたが、 一方日本はちょんまげでした。

このちょんまげ侍のようにいつまでも、昔の栄光にすがっていては、
完全にトレンドに乗り遅れます。

明治維新の時のように、 IT革命の状況をしっかりと理解し、
乗っからないと日本の GDP はどんどん下がっていくように思います。

また個人で稼ぎたい人もこの大きなトレンドに乗っからない手はないでしょう。

 

 

 ちょっと余談

ちょっと余談ですが、僕の好きなドラマ「東京ラブストーリー」は今みると面白ですよ。

1988年に公開されたドラマですが、かなり時代のギャップを感じます。

・劇中で描かれる電話は、ボックスタイプの電話。
・データはフロッピーでやり取り
・携帯がないため待ち合わせが一苦労

上記が当たり前です。

およそ30年前ははそれが当たり前だったのですから、
今後益々状況は変わっていくことは自明です。

 

スポンサーリンク

仕事の再現性が高い

どういうことかと言うと、会社の仕事が個人の仕事に置き換えやすいということです。

つまり会社で学んだことを自分の資産にすることができます。

このメリットは下記の通り。

将来的に会社員以外の選択肢も考えられるようになる

選択肢が広がり心の余裕ができます。

 

またIT業界でのスキルは、ぶっちゃけそんなに難しくありません

だいたい2年もすれば、ある程度の仕事はできるようになります。

 

ちなみに、前職の自動車の機械設計エンジニアだと、10年経ってもわからないことだらけです。

また、 当たり前ですが個人で自動車を作ることもできないので、
再現性は皆無です。

IT業界の真逆で将来性がなく自由がないと感じたため、
私はIT業界へ転職しました。

 

 

新型コロナウイルスの影響でリモート必須化

新型コロナウイルスの影響で各会社がテレワークに大きく舵を切っていると思います。

その中でも 大手IT業界のテレワークへの移行スピードは、
トップレベルに早かったです。

やり取りしていた Facebook の方は2月20日ぐらいには
完全テレワークに切り替えになっていました。

これは緊急事態宣言が出る1ヶ月以上前です。

IT業界は今の働き方にマッチしてるので、
ワークライフバランスの面でも安心です。

 

IT業界のおすすめ職種

IT業界は様々な職種がありますが代表的で再現性が高い職種は下記かと思います。

・ITエンジニア
・ Web マーケター

上記以外には Web の企画職、 SE、 IT業界の営業等ありますが。
再現性が高いのは上の2つかと思います。

どちらも本業での仕事を転用しやすいです.

 

僕は Web マーケターとして働いていますが、
会社で成果を出せれば他の会社に行くのも、自分一人でやってくのも、
できるなあと思っています。

目の前のことをしっかりやるそれだけで将来の不安が消えます。

個人的にはITエンジニアよりも、 Web マーケターの方が、
業界業種関係なく需要があるのでおすすめです。

 

 

未経験IT業界に転職する具体的な方法

ここまで読んでいただいた方は、今現在IT業界にいない人も多いかと思いますので

転職方法も解説します。

 

具体的な転職方法は下記です。

①業界研究
②自己分析
③転職活動

上記の通りです。

究極にシンプルにすると、この3つのステップしかないです。

IT業界への未経験転職は、そこまでハードルは高くありません。

 

もちろんスキル重視での採用もありますが、
ポテンシャル採用の企業もたくさんあります。

自分に合った業界業種も見極めて実際に働いてみるのが、
あなたのキャリア全体を通して一番の近道だと考えます。

とはいっても、自分の志向性とマッチした企業を選ばないと、
後々必ず後悔します。

そのようなミスマッチを避けるためにも、
未経験異業種への転職は転職エージェントはマストで検討しましょう。

IT業界に特化した転職エージェントもあるので、
業界研究も兼ねて初回の無料面談だけでも利用することをおすすめします。

どうせ無料なんで、損になることは全くありません。

 

おすすめののIT特化型転職エージェント

他の転職エージェントも気になる方は下記の記事も参考にしてみてください。

参考 未経験IT業界への転職におすすめのエージェント厳選3選【実体験】

参考 【20代向け】実際に役立ったおすすめ転職エージェント5選

 

結論:転職するならIT業界一択です

終身雇用の崩壊したこの時代、自分にスキルを付けなければ、
本当の意味での安心は手に入れることはできません。

会社は潰れてもスキルは奪われません。

自分のキャリアにとってより良い選択をできるように、
自分のキャリアについて一度深く考えてみてください。

というわけで今回は以上です。

 

関連記事 転職したいけどスキルがない方へ【解決策を3つ提示します】

\この記事が良ければクリックのご協力よろしくお願いします/
にほんブログ村 転職キャリアブログへ

-ベンチャー転職
-, ,

Copyright© KAERU BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.